ご案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

謎解きクロス(R)について

謎解きクロスは、ふつうの文章の中に、クロスワードパズルを解くヒントが隠れているタイプの、新感覚ペンシルパズルです。
いわゆるクロスワードパズルは、ヒントが箇条書きになっています。そこが、謎解きクロスでは、ふつうのエッセイだったり、広告だったり、ミステリー小説だったり、あるいは、街の案内だったりするのです。
謎解きクロスは、難易度に合わせて、現在は3種類あります。
5×5、7×7、9×9です。いずれも、中心には、十字のクロスがあります。だから、謎解きクロスとネーミングしました。
5×5は、5文字の言葉を探すタイプ。7×7は、7文字×7文字のクロスワードパズルを解くタイプ。9×9は、9文字×9文字のクロスワードパズルを解くタイプです。ミステリー小説の場合、短いものなら、7×7で作ることもありますが、やっぱり、9×9が、読みごたえがありますね。

◇謎解きクロス5×5→ 小学生2年生から高齢者まで、誰でも解けるパターン
※事前告知のパンフ、MWの街歩きに掲示するヒントに活用
◇謎解きクロス7×7→ 難易度に差をつけることができる、ベーシックなパターン
※A4で1~2枚でヒント文章を提示できる
◇謎解きクロス9×9→ 易しいパターンもできるが、規模が大きく達成感がある
※ミステリーブックの謎解きの中心に活用


この謎解きクロスを活用した街歩き、地域活性化は「伊豆下田」「東京西小山」「信州松本」「千葉幕張」「喜多方」などで実践されて、大好評となっています。

ミステリーウォークについて

◆謎解きをしながら、街の魅力を発見する
◇ミステリーウォークは、地域の魅力を掘り起こし、それをミステリー風の『謎解き』のストーリーを加えて、参加者が自らリアルな街、リアルな人、リアルな文化、そしてリアルな商店街に関わるように構成された、コンテキスト発見方型のリアルゲームです。
◇参加者はヒントポイントの位置を示す地図と、地域の魅力を体験する「謎解きストーリー」を受け取り、自らの足で、ゆっくりと散策しながら謎解きをします。参加者が主人公となり、リアルな街を使って、地域独自のコンテキストを発見していく新しい参加型のリアルゲームです。

◆街全体で参加者を「おもてなし」する仕掛け
◇謎解きをするためには、ときどき、街のみなさんとコミュニケーションをとる必要があります。何となく敷居が高かった場所や店舗も、ミステリーウォークのヒントポイントとなっていれば「こんにちは」と声をかけて、気軽に入ることができます。
◇途中、参加者は街の人々による「おもてなし」を体験します。それは挨拶かもしれないし、笑顔かもしれない。ちょっとした親切かもしれないし、余計なお世話かもしれません。ミステリーウォークは、観光地を自分の足で歩いてコンテキストを楽しむものです。

◆謎解きミステリーなのに、誰も死なない!?
◇ミステリーウォークのコンテンツとなる『ミステリー』は、通常の推理小説や推理ドラマとは異なり、「誰も死にません!」。商店街活性化の目的、地域ブランド強化の門的で進めますので、毒殺も撲殺も惨殺も、そぐわない。だから、子どもたちとともに、家族全員で楽しめるのです。
◇ミステリーウォークは、事前告知、現場で使う問題の中心は、ミステリーのジャンルでいえば「パズラー」と呼ばれる『謎解き』になります。その難易度は調整が可能で、地域のニーズに対応したオリジナルの問題となり、それを解くこと自体が地域のブランディングに直結します。