廣川州伸のプロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加
廣川 州伸(ひろかわ くにのぶ) 都立大学人文学部教育学科卒業後、マーケティングリサーチ会社に就職。 1990年広告制作会社に転職。広告制作の他、商品開発・新規事業開発に関わる。 1998年にコンサルタントとして独立。合資会社コンセプトデザイン研究所を設立し、時代潮流を見据えての未来予測、新事業プランニング活動を推進。 独立後は、週末作家として主にビジネス書を執筆しながら、神奈川県立産業技術短大専任講師、東工大大学院、独協大学、東北芸術工科大学など非常勤講師を多数務める。 企業、行政、商工会議所等を通して、中小企業経営者を元気にする講演を展開。 現在、財団法人WNI気象文化創造センター理事。日本科学技術連盟のWebジャーナル「クオリティマネジメント誌」編集委員。 2008年9月より、地域活性化を目的とした「ミステリーウォーク」や「謎解きクロス展開」を推進。 2012年4月よりJMAR観光マーケティング研究所客員研究員として観光事業を支援。全国で延べ50ヶ所80回ものミステリーウォークをプロデュースしたのち、2019年1月、謎解きクロスによる小説を「パズル小説」と命名し、日本初のパズル小説家として、地域起点の小説の執筆に入る。