メジャーになるために

みなさん、お元気ですか?

本年も、よろしくお願い申し上げます。

謎解きクロスによるパズル小説、いよいよ本格的な普及期に入ります。メジャーになるため、私は一般財団法人地域活性機構の理事となり、全国の悩める地域に、謎解きクロス&パズル小説を提供していきます。

まだ発表はできませんが、2020年の仕事始めに、メジャーに向けた全国プロジェクトの企画を作りました。4月から、謎解きクロス7×7を使ったPRパンフによる地域活性が始まります。

それが呼び水となり、今年は20冊のパズル小説作成を目標としています。それが成功したら、来年は50冊、毎週、全国のどこかで、謎解きクロスによるパズル小説が発刊されることになるはず。すると、各地域2000冊の配布となりますから、10万冊が作成されることになります。

これまでなかった、まったく新しいパズル小説家の誕生になります。

もちろん、その先には紙媒体の謎解きクロス本が、次々と登場するはず。

そのためには、実は、一つ大きな課題がありました。パズル小説の「解答率」が、3%しかないという事実です。2000部配布してもねハガキで正解を寄せてくれるのが60人しかいないのです。2014年に西小山で配布した謎解きクロスのミステリー小冊子も、3000部配布して80人の正解者。この比率は、今も変わっていないということになります。

今年は、ここをテーマとして、「入口で、もう少し易しくする」こととし、ヒントの活用で50%の人が解けて、その半数が応募してくれる、すなわち全体では25%の「戻り」を期待するツールにしていきます。

本年は、みなさんとともにみてきた夢が走ります。それは、必ず、みなさんの足元の地域を活性化するでしょう。お楽しみに。

2020年1月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

笑顔の連鎖が始まる

新年、あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。みなさまにとって、幸多い年になること、祈念しております。

この「謎解きクロス」は、地域活性への思いから生まれました。原点は、地域であり、人であり、そこにある自然、歴史、文化の活性化です。さらに、なぜ、そのようなことをミッションにしているかというと、自分が旅人に憧れ、地域を歩くのが大好きという、自分起源のことになります。

文が歩いて、刺戟的な地域であってほしい。それは、古い伝統があり、素晴らしい景色が残され、人々が幸せに暮らしている地域。苦しそうにしている人たちが、たくさんいる地域は、好みません。それは、1980年に旅したヨーロッパの風景が、やはり、理由づけをしていると思われます。

私という人間が、謎解きクロスを創設し、それを使ったパズル小説で、地域に「謎解きの文化」を定着させ、それをもって、地域のみなさんも、そこを訪れるみなさんも、そしてまだ訪れたことのないみなさんにも、その地域の魅力を知り、行ってみたいと思っていただける、そんな流れを想定しています。

その結果、一人でも、二人でもいいので、地域の魅力を体感し、笑顔になってくれるといいなぁと思っています。幸せは、人生のなかでの絵顔の質と数で決まると思います。笑顔のある人生が、私たちの目標であり、そんな地域になってほしいと願っているのです。

そこにいくと、笑顔の連鎖が始まる。そのお手伝いを、謎解きクロスや、パズル小説で支援していきたいというのが、私の願い。本年も、よろしくお願いいたします。


2020年1月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

2020年を迎える幸せ

2020年 元旦 ~ありがとうの連鎖が始まる~自分の人生にも花束を

新しい年を迎えられたこと 謹んでお慶び申し上げます

昨年は令和元年を迎え オリンピックイヤーを前にして ラグビーワールドカップで ワンチームの素晴らしさを 再認識 そのなかで私にも 気づいたことがありました

永い間 ありがとうと言っていただける仕事をしたいと 願ってきました 

感謝される人になりたいと務め 週末 には 自分でもできる地域活性の手伝いをしてきました

ところが感謝されたいという気持ちの在り方そのものに 疑問をもちました 

ワンチームとなった選手たちは戦う 相手を心から尊敬していました そこが素晴らしかった

強いワンチームでいるために 日々厳しい努力を重ねて

人生のすべてをかけて挑んだ その姿勢と 鍛え続けた 身体・組織・歳月そのものを尊敬し 感謝していました

今年は ありがとうと感謝の気持ちをお伝えすることに 心を配りたいと考えています 

いい仕事を企画し 重ね つつ 自分にありがとうといえる人生を探していきます

今年も 長いご挨拶のメールを 最後まで読んでいた だき ありがとうございました 

みなさまのご多幸を 心より祈念しております

□合資会社コンセプトデザイン研究所 代表社員 廣川州伸

□謎解きクロス創設者&日本初・パズル小説家(https://nazotokicross.com/)

【2020年にありがとうを伝えたい職責】

□一般財団法人 WNI気象文化創造センター(理事)

□一般財団法人 地域活性機構(理事)

□一般社団法人 国際魅力学会(理事)

□NPO法人 おいしいローカル線をつくる会(事務局長)

2019年12月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

下仁田ウェブラジオに出演します

2019年12月27日、13時あたりから、下仁田ウェブラジオに、商工会の白石さんとともにゲスト出演させていただきます。

そこで、ウェブラジオを使った新たな謎解きを発表したいと思っています。ご期待ください。

2019年12月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

明日、伊豆下田の風とともに

2019年11月16日は、伊豆下田の道の駅「開国下田みなと」で、パズル小説が配布されます。

地域の魅力を浮き彫りにするパズル小説。もし、お近くにおられたら、ぜひ、お越しください。

2019年11月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

希望の光が差してくる

謎解きクロスの原型ができたのは、2010年のこと。勝浦ビッグひなまつりで、クロスワードパズルを使ったミステリーウォークにおいてでした。それが、東日本大震災を経て、2011年6月には伊豆下田、山形鉄道フラワー長井線の企画などで、謎解きクロスが登場しています。

思い起こせば、2012年には大々的にミステリーウォークで謎解きクロスを活用していて、いけそうな気配があったので、今のうちにと商標登録をしたのが2013年12月。登録は2014年7月4日となっています。すでに丸5年が経過しました。

2019年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

謎解きクロスの歴史を刻む秋

今、本サイトのニュースを更新しました。

2019年11月10は、2003年から続いている深谷宿ミステリーツアー2019。

2019年11月16日は、2008年から続いている伊豆下田ミステリーウォーク2020.

2019年11月23日は、下仁田ねぎ祭りの会場で、全国初の英語版謎解きクロスと、「下仁田パズル小説 中心地編」「下仁田パズル小説 観光地編」が配布されます。とともに、PR用のパンフを1000部配布し、そこで謎解きクロス7×7を体験し、その上で、パズル小説の小冊子として謎解きクロス9×9を読み、真犯人を探す謎解きにチャレンジしてもらうという、「黄金パターン」が完成しました。

関係者のみなさん、永い間、ご支援いただき、本当にありがたく。感謝いたします。おかげさまで、全国展開への準備は整いました。

今後、一般財団法人地域活性化機構、一般NPO法人おいしいローカル線わつくる会、そしてまだ確定していませんが、全国ネットワークを擁する、あのサイトでも、展開していただくことになると思われます。すなわち、メジャーデビューが近づいてきました。心より、御礼申し上げます。

2019年11月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

深谷宿ミステリーツアーで、パズル小説を配布します

深谷宿ミステリーツアーは、2003年より続いている、今や伝説の謎解きイベント。創始者のひとりであるミステリー作家の伊井圭さんがなくなられたため存続があやうくなったものの、2016年から廣川州伸が謎解きクロスをひっさげて継承。

同じく、創始者の深谷商工会議所の村岡さんとともに、渋沢栄一翁をテーマにしたパズル小説を配布。その後は、酒蔵の七つ梅跡地を中心に、FMふっかちゃん主催で、継承されてきました。狭い敷地ではありますが、謎解きクロス5×5を使った謎解きとともに、パズル小説も配布されました。

今年は、春に続き、2回目の深谷宿ミステリーツアーとなります。

11月10日に行われる産業展の会場で、パズル小説を1000枚、配布したいと思っています。だって深谷は、渋沢栄一翁の10000円札採用、2021年度NHK大河ドラマの主人公となるなど、空前の渋沢栄一ブームにわいている地域。やっててよかった!!!

2019年10月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

秋の信州上田で謎解きを!

台風19号の被害に遭われた地域のみなさま、心より、お見舞い申し上げます。

信州上田でも、よく見知った上田電鉄の鉄橋が損壊するなど、衝撃的な被害がありました。また、長野県全体でみれば、千曲川流域も、多大な被害が発生しております。

みなさまのご無事を願いつつ、秋のイベントとして、安全を祈願しつつ、謎解きのイベントを進めさせていただきます。

まだまだ、地盤のゆるんでいる場所も多く、かつ本日から激しく雨が降る地域もありますので、謎解きは、安全を確保されてから、お楽しみください。

2019年10月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

下仁田町で英語バージョンをトライアル

謎解きクロスは、インバウンド対応もできるように進めています。試行錯誤を繰り返し、英語をチェックしてくれる専門家とのコラボもでき、いよいよ、トライアルの問題が出来上がりました。このサイトでは、謎解きクロスのキーワードの色と書体が変化していないので、このままでは解けませんが、雰囲気を味わってください。

Clue story  Read all the story Please ■From now on, Japan enters new era. At the same time, fresh breeze blows in Shimonita Town. ■In Shimonita town, still we can see the richness in nature. Shimonita people are proud of “Konnyaku” and “Negi” which are well-known products of the town. Although Shimonita is a small town, it may attract public attention in the future.I want to take on a lot of challenges in Shimonita Town. ※Konnyaku……The konnyaku (a scientific name is Amorphophallus konjac) is a processed food made with the corm of the plant of Araceae. The konnyaku is being popular as healthy low caloried food in western countries as well.  ※Negi is a plant originally from Western China / Central Asia, green onion. ■We have got to know each other through SNS. One day, I received a message from her “Guess where I am?” Then, I found where she is by GPS. She was visiting my hometown. I met her for the first time at Shimonita station during “Golden Week”(G W) I saw her with blue eyes at Shimonita station. She came from Los Angeles (L A). I was impressed with her as well as her UNIsex bag which are both original and beautiful. Through the conversation with her, I was also impressed with her good sense of GAG. ■After a half year, we decided to get married. She loves reading and spends all the money for books. One of her favorite books is a classic “Puzzle Novel”, called “Pick ye rose buds while picking them “I have no idea that who wrote this amazing Puzzle Novel. ■We had a wedding ceremony at a lodge in Shimonita town on December 15. For our honeymoon, we went to Greece and stayed at a white colored hotel on a beach side street. ■By the way, do you know an Artificial Intelligence (A I)? People say that it is time for Artificial Intelligence from now on. The most important part of computer is Central Processing Unit (C P U). I want to keep and memorize my experiences in the SD memory card. So do I keep and memorize the Carbon Copy (C C) as paper media. ■I have internet access by connecting to Terminal Adapter (T A) with my personal computer. I want everyone to know Shimonita which is a wonderful town.

2019年10月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster