ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

謎解きクロスって何?

謎解きクロスは、ミステリーツアーやミステリーウォークなどのイベントに使われる、謎解きのツールの一つです。

謎解きクロスは、クロスワードのような問題のフレームを活用しますが、そのヒントはエッセイだったり、広告だったり、ミステリー小説だったり、あるいは、街の案内だったりするのです。

 

このブログでは、謎解きクロスと、ミステリーウォークについて、ヒントや、気づき、これからの方向などを、お伝えしていきます。

お楽しみに。

 

 

一対一のチカラ

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。まだまだ、CAMPFIRE Communityの月額1200円会員募集は続きますので、よろしくお願いいたします。

ところで、改めて読書(本)のチカラ、パズル(謎解き)のチカラを考えた週末でした。そこで気づいたのは「本当に楽しいこと、気持ちいいこと、充実すること、幸せを感じること」は、時間をかけて進めるものだということです。

刹那的に、パッパッと手に入るものは、たいてい、どこかでごまかしがあります。

ネットにある情報も、それが文章になって、あとでじっくり検討できるものはいいのですが、タイトルだけ凄いYouTubeのコンテンツなど、まったく役にたちません。それでも「興奮する」部分もあります。

でもそれは、一回、せいぜいに買い。欲望を刺激しただけで、すぐに慣れてしまいます。ウソは、すぐばれるし、あきます。

でも、どうもネットでは、それが主流。

私は「物書き」というジャンルに入る人間なので、刹那的に情報のシャワーをあびる時間は、とっくにあきてしまっていたのですが、コロナ禍もあって、数年ぶりにYouTube画像をチェックすると、辟易しました。

ともかく、怒りをいざなう画像、人物、口調が多いのです。じっくりと考えられるタイプの情報は、恐ろしいことに、私がふらふらみていたなかには、一つもありませんでした。

まぁ、マスコミも、テレビはとくに、ちょっと似ています。それでもテレビが、格が違うのは、少なくともリサーチはして、あまりにもアブナイ、ウソ、フェイクとみられる情報はカットしているから。安心度があります。

うーん、3月から4月にかけて、ネットサーフィンをけっこうしたので、あの頃の気色悪さ、怒りが、よみがえってきました。みなさんも、こんな私の文章は読みたくないでしょうから、やめますね。

ということで「一対一のチカラ」は、自分が、たくさん時間がある状態で、向き合う時間をさしています。

たとえば、本。本とは一対一で向き合います。たとえば、パズル。これも、一対一で向き合うます。そういうもののチカラを、今一度、確認していただきたいという、私の願いがありました。

2020年8月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

パズル小説®がバズる日

お元気ですか? 日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

おかげさまで、CAMPFIRE Communityの「パズル小説®全国展開プロジェクト」は、FBの「いいね」が一桁しかつかない私にとって、とてもうれしい21名の支援者に名乗り出ていただき、スタートしました。

まだまだ、募集は続きますが、会費無料期間が終わったので、今度は「リターン」で、インセンティブをと考えております。

たとえば、7月に会員になってくれたサポーターに、特別リターンとして「謎解きクロス®の解き方」をお送りしたように、同じものを贈らせていただきます。

また、ゆ月の間に入会していただくと、コンテンツ展開上、ものすごい利点がでてきます。すなわち「2010年9月」に発刊予定の「パズル小説®~そして誰も死ななかった」を、プロローグから読むことができるのです。

この「そして誰も死ななかった」は、作者としては「本気で直木賞を狙う」つもりで書いていきます。

すなわち、超一流のエンターテイメント・ミステリーでありながら、謎解きクロス®という「パズル」の仕掛けも、ハンパじゃありません。

それはもう、感動のパズルになるわけですが(もう、謎解きクロス®の問題はできあがっているのです)それがほかるのは、2021年9月のこと。

それまでは、リターンのパズル小説を、毎月楽しんでいただくことになります。

この広い世界で、もちろん日本国内で、このような壮大なパズル小説®がつくられていること自体、ほとんどのみなさんが知りません。

でも、おそらく2021年夏には、マスコミにリリースもしますので、多くの読書&パズルファンが「えー、そんな凄いプロジェクトがあったの? 参加したかった」と、残念がられることになります。

21人のパズル小説®支援者のみなさんだけが、その歴史を、進化プロセスを、どうやってヒット商品が生まれていったのかを、リアルタイム、現在進行形で、観て感じて、解いて、そして意見を伝えて、体験できるということになります。

私のモットーは、リターンの倍返し。まだまだ、サポーターの募集は続きますので、ぜひともご検討ください。

2020年8月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

パズル小説®地域が楽しくなる仕掛け

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

今、CAMPFIRE Communityのオーナーとなり、パズル小説®全国展開プロジェクトの支援者を募集しています。

今回は、パズル小説®で地域の商店街、あるいは観光地が元気になるプロモーションの仕掛けについて、書いてみます。

ミステリーウォークは、コロナ禍の時代に、大出をふって進めにくいイベントになりました。だって面白いから、たくさんの人が参加され「三密」の回避が難しくなるからです。

そこで三種の神器として「編み物」「読書」「パズル」のうち「パズル」と「読書」を担っているパズル小説®の出番となります。

たとえば、こんなことができます。

下仁田町で、パズル小説®を配布するとしましょう。予算は、観光パンフレットに使おうと思っていた200万円です。それで、商店10店舗と観光名所10カ所を元気にしたい、という条件。(予算は、いつものように相談にのります)

まず、取材をしたのち、ベーシックなパズル小説®(A5版カラー20ページ)の原稿を作成します。

次に、商店10店舗と観光名所10カ所、計20カ所の「名前」と「PR文(A5版2ページ・写真あり)が入っているパズル小説を、各店、書く施設で100部ずつ配布されます。そして道の駅など、公共施設に200部ずつ配布されます。

すなわち、謎解きクロス®の構造としては20カ所すべて同じであり、解答も同じにもかかわらず、20カ所のそれぞれの施設で「自分の店の、施設の」オリジナルのパズル小説として300部、制作できるのです。

300部を印刷するのに、5万円かかります。それで20カ所なら100万円。取材20カ所で30万円。原稿制作で40万円。事務局経費として、地域活性費用に30万円というところでしょうか。

下仁田町の20カ所に、1れぞれ100部ずつ配布されるだけでも、けっこう楽しい気がしませんか? しかも、それぞれ自分の店なり施設なりが2ページにわたってPRされているのです。

この仕掛け、必ず、どこかで始まりますので、お楽しみに、

2020年7月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

直木賞をめざします

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

CAMPFIREのCommunityで「パズル小説®の全国展開プロジェクト」のサポーターを募集しています。今月中は会費無料のキャンペーン期間なので、ぜひ、リターンを試してください。

そのリターンは、オリジナルのパズル小説®であり、ミステリー風の物語となっています。あなたの希望する「名前」を投じようさせることもでき、世界で一つの希少価値が生まれます。お楽しみに(100人まで対応いたします)

ところでパズル小説®の大きな課題は、小説そのものに魅力があるか、というものでした。パズル小説®は「パズル」と「小説」で成り立っていますが。パズル部分の面白さとともに、小説部分がさらに面白くなることが必要となります。

そこで苦肉の策として、謎解きのパズルの部分は私が作り、その謎解きクロス®のキーワードを使って、小説を書くのがうまい作家に、つくってもらおうというものです。

それがうまくいくと、今度は「日本パズル小説®大賞」を公募します。謎解きクロス®のキーワード34文字を使って、自分の住んでいる近くのローカル鉄道を舞台に、パズル小説®を制作してもらうというものです。

とともに、パズル小説®の小説部分のシンボルとして、私も何作か、新しいパズル小説®を創作し、みなさんに見本のようなものを示したい。それは、とんでもなく面白い新しいミステリー小説になるはずです。

それができたら、私は、18歳のときに「あなたは直木賞作家になる」と予言してくれた佐藤浩子さんの期待に、50年後に応えるという伝説が生まれることになるでしょう。こちらも、本気ですので、ご期待ください。

2020年7月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

まだまだ、募集中です

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。今、CAMPFIREのCommunityで、「パズル小説®の全国展開プロジェクト」を立ち上げ、支援してくださるサポーターを募集しています。

もし、誰も支援してくれなかったら、どうしよう。そんな不安もあり、スタートする月は「会費は無料」としました。すなわち、サポーターの手続きさえしてくれたら、リターンである「パズル小説®」が、送られてくるのです。

きっと「なんだろう、パズル小説®? ちょっと試してみようか」と思っていただけるという淡い期待もありました。あまりたくさん申し込まれてしまうと、パズル小説の配信が大変です。

というのも、私は儀ずる小説®の特性を活かして、一つひとつオリジナルで作れるので「ミステリー仕立ての物語で、ゲストの名前に、支援者が希望する名前を使う」というサービスができるからです。

これは「世界で、たった一つの、支援者のためのパズル小説®」となり、マスコミでなされている「同じ本をコピーして大量に配布する」世界ではなく、オンデマンドの世界となります。

私は、オンデマンド出版を、自分で進めることになる。この「パズル小説®を使った全国初の試み」を、支援者に楽しんでもらいたかった。だから、私のなかでは、けっこう大変な、決意をともなった、Communityだったのです。

本書もオンデマンドです!

でも、事務局スタッフのていねいなアドバイスをうけ、そうそう、全国から、このCommunityを探して、反応してくれる人はいないと知り、「まず、友人、知人にたくさんお声掛けする」ことを進めました。

メルアドを知っている人で、過去1年間、仕事以外でメールのやりとりがあった人50人。FBの友人になってくれている人のなかから、過去1年間で情報交信があった人150人に、ご案内を出してみました。

その結果、2020年7月16日現在、すばらしく頼りになる精鋭のみなさん12名の方に、会員になっていただきました。ありがたいことです。とともに、今度は、来月も引き続き、会員でいてくれる工夫が必要となります。

せっかく支援してくださったのですから、毎月、私のつくるパズル小説を楽しみにしてくれる人を、維持しておきたいのです。すると私は、毎月、ちゃんと12名の読者のために、パズル小説®が書ける、幸せを手に入れます。

ということで、今、リターンとして提供するパズル小説®の推敲に入っています。サポーターのみなさんには、23日24日の連休には、楽しんでいただけるようにしたいです。

お楽しみに。

2020年7月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster