ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

謎解きクロスって何?

謎解きクロスは、ミステリーツアーやミステリーウォークなどのイベントに使われる、謎解きのツールの一つです。

謎解きクロスは、クロスワードのような問題のフレームを活用しますが、そのヒントはエッセイだったり、広告だったり、ミステリー小説だったり、あるいは、街の案内だったりするのです。

 

このブログでは、謎解きクロスと、ミステリーウォークについて、ヒントや、気づき、これからの方向などを、お伝えしていきます。

お楽しみに。

 

 

アナログの道

パズル小説®全国展開プロジェクトを立ち上げて、会員募集を始めたのは、ちょうど1年前の2020年7月のこと。おかげさまで、17名のコアサポーターを得て、何と1年間、続きそうです。

このCommunityは、8月でいったん終了し、9月からは「ミステリー鈍行鉄人事件」を、1年かけて展開します。その立ち上げの意味も含めて、10月に「そして誰も死ななかった」の出版記念パーティーを、17人のコア・サポーターを中心に、開きたいと思っています。

この「ミステリー鈍行鉄人事件」は、「そして誰も死ななかった」と同じタイプで、、アガサ・クリスティの有名な原作があることで成立しています。ただし「謎解きクロス®」の部分は、ほぼ、原則ルールで対応できます。

また、江戸川乱歩の原作を忠実に現代語訳したテキストから謎解きクロス®を作成してパズル小説にするというパターンも考案できました。それが「怪人二十面相」と「少年探偵団」となります。これは、新型コロナ禍がおちついた9月以降に、現代語訳の版権をもっている講談社に相談にいきます。

これらとは別のプロジェクトとして、「廣川州伸が原作の長編小説」今、京都をテーマとして制作中です。これは、どちらかというと純文学に属す原作を、私のほうで作ってしまうという、完全オリジナルバージョンです。

異常の展開は、いずれね「パズル小説®」として、活用できるタイプです。この他、パズル小説®の活躍の場は、私が2008年秋から進めてきた地域活性化をすすめるミステリーウォークででかいされることでしょう。

現在、謎解イベントは大ブームであり、地域活性に謎解きをクロスするのは、相当、一般的になっています。その謎解きイベントをすすめているみなさんをコンペチタ―としてみるのか、逆に、一緒に地域活性を進めてくれるパートナー的にみるのかで、私の戦術は変わってくるのですが、もちろん私は、最初から「後者」なので、どんどん、がんばっていただきたいと思っています。

廣川州伸の活躍の場は、パズル小説®です。そして、この地域活性を勘案する私は、引き続き、アナログ人生をあゆんでいくことになります。

これからも、ご支援、よろしくお願いします。

2021年7月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

京都・沖縄・東北への道

コロナ禍がおちつき、私のワクチン証明書が届いたら、全国に、パズル小説®の取材に行きます。

まず、京都。純文学でのオリジナル・パズル小説、書いています。

次に、沖縄。

そして、じっくりと、東北。

なんだか、入力が、うまくいかなくなっているので、本日は、ここまで。また、詳細が決まったら、アップします。

2021年6月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

プラットフォーム

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

私は2008年からミステリーウォークを企画推進し、2013年から謎解きクロス®でミステリーの問題をつくり、2019年から、その謎解きクロス®を使った小説をパズル小説と定義して、社会に新しい価値を提供しようと努めてきました。

その結果、2020年から広がった新型コロナ禍で変化した世界において、新たなプロットフォームとしてのパズル小説®の可能性に気付きました。やるなら、今しかありません。

パズル小説®という、謎解きクロス®を使った新しい謎解きの小説は、地域を活性化させるとき、あるいは地域の魅力をPRしたいときに、うまく活用できれば、新しい時代の価値を生むことができます。

そんなプラットフォームになると、発見した私ですが、ハードルが、とても高い。この高さに、今、そうとう、びびっています。何をすれば、プラットフォームとして、市場が形成されることになるのか。

それは、どことコラボするかが、すべてを決めるということになります。すなわち、プラットフォームを支援する人、利用する人、利用して、サふとを生み出す人などが、たくさんでてくることが求められています。

せっかく、新しい世の中になるのですから、これくらいのことを考えなければ、つまらないということもあります。

ただ、市場が、本当にあるのか、どうか。今も、私はびくびくなんです。決して、自信があるわけではありません。ただ「これは面白い」と、これまでのパズル小説®でファンになった人が、少なからずいた事実に支えられているのです。

ありがとう。ありん゛という気持ちが、また、ふつふつとわきあがり。生きる力となりました。感謝しています。

2021年6月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ワクチン打ちました

昨日、新型コロナウィルスのワクチンを接種してきました。体調もよく、なんだか、ちょっと霧が晴れたような気分です。

その結果、二つのことを、今、考えています。

一つは「異形の人々」という短編小説の執筆。

一つは「コンセプト図解入門」というタイトルの本の企画。

いずれも、新型コロナ禍に打ち勝ち、私をブレイクに導くキーとなる作品となります。ワクチンを売ったので、あちこち、出歩きながら、今までしてきた創作物に加え、この2点を秋までに書き上げましょう。

お楽しみに。

2021年6月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

見果てぬ夢のループ

ここ数年、パズル小説®作家として、ずっと夢の中にいます。

パズル小説®のプラットフォームができたら、きっと、こんなことができるはずと、夢の奥へと踏み込んでいくと、そこには、確かに「作品世界」がありました。

ただ、いつも、わからなくなります。この作品を、いったい、何人の人が「求めていてくれる」のだろうか。まだ、世の中にでていないものをつくるということは、「見果てぬ夢の住人」になることでした。

たとえば、ゴッホ。弟のテオ以外、そしてかつて一緒に制作をしたこともあるゴーギャン以外、彼の作品を認めている人はいませんでした。それなのに、あの遅れてきた画家は、自分の絵を描き続けました。見果てぬ夢のループのなかで。

たとえば、ド・ラ・フレネー。彼も自殺する前の4日間、見果てぬ夢のループにはまって、一睡もせず、ひたすら描き続けて、200を超える素晴らしい抽象画を遺して、消えました。

たとえば、スーチンという、あのピカソが「野蛮人」と評したという画家も、見果てぬ夢のなかで、モヂリアニに励まされながら、一人で描き続けていました。ほとんどの人が、彼のアトリエに、素晴らしい作品が眠っていることを知りませんでした。

自分の世界に入り込んでしまうと、もう、誰もとめることはできません。私は、50歳のときに「贈れてきた作家」のデビューをしましたが、その後、15年の時間を経て、誰も作らなかったパズル小説®の世界に踏み込んでいます。

江戸川乱歩先生の本が、パズル小説になる……誰も、求めていなかったことかもしれません。しかし、世界は、どんどん広がっています。パズル小説®を、私は、少なくとも10本は、ここ1年くらいの間に執筆することになるでしょう。

すでに、見果てぬ夢のなかにいて、「誰からも求められていないかもしれないけれど、身を粉にして創作する世界」に入り込んでいます。このループから、もう逃れることはできそうにありません。

ただ、私は知っています。この見果てぬ夢を、きっと、誰かが楽しんでくれる時代がくるということを。それが、30年後でないことを、ひたすら、願って進んでいます。

2021年5月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster