ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

謎解きクロスって何?

謎解きクロスは、ミステリーツアーやミステリーウォークなどのイベントに使われる、謎解きのツールの一つです。

謎解きクロスは、クロスワードのような問題のフレームを活用しますが、そのヒントはエッセイだったり、広告だったり、ミステリー小説だったり、あるいは、街の案内だったりするのです。

 

このブログでは、謎解きクロスと、ミステリーウォークについて、ヒントや、気づき、これからの方向などを、お伝えしていきます。

お楽しみに。

 

 

機は熟して、京都へ向かう

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。今、京都をテーマとしたエッセイを考えています。

ずっと、たぶん5年前から、京都を舞台としたパズル小説®を書いて、世に問いたいと思っていました。その時はもう、毎年5000万人が京都を訪れ、街はパニック状態にありました。

電車はもちろん、バスでの移動は困難を極めます。有名どころの寺院の入場は長蛇の列。中国語がとびかい、韓国語も、東南アジアの言葉もありました。欧米からこられたみなさんも、観光地としてのラッシュに驚いていました。

そんな京都を舞台に謎解きクロス®の長編バージョンをつくり、旅行代理店に協賛してもらって本にしようと、いくつか、お声がけしました。まあ、友人のツテなので門前払いとはなりませんでしたが、企画を聞いても、鼻で笑う感じ。

ビジネスとして、すでに成立している「京都観光」なので、改めて、何かプロモーションをする必要がなかったのです。15年前、横浜の元町に行き、プレゼンしたときにいわれた言葉を思い出しました。

「この街は、黙っていても人がくるからね。ミステリーウォークは、必要ない」

お金を払ってくれるなら、考えてもいいということでした。京都もまた、同じような存在だったのです。そのような地域は、日本中、たくさんありました。そこで私は「各駅停車」の商店街にお声掛けするようになったのです。

新幹線が停まる駅は、たとえば熱海とか、小田原とか、横浜。出番はありません。下田、伊東、喜多方、松本、須坂、下仁田……例外は上田でしたが、JRではなく「しなの鉄道」がお客様となりました。

しかし、ミステリーウォークの企画してから15年、実際にやり始めてから12年メになる2020年。ついに「機は熟した」と感じています。

新型コロナ禍と共生する世界を考えれば、三密を避け、パズル小説®を活用して地域の魅力をアピールすることが、どんだけ効果的か。いずれ、全国の地域プロデューサーのみなさんが、気づくと思っています。

京都でも、必ず、パズル小説®のニーズがでてきます。10年、早かったのです。沖縄も、屋台村も、みんな早すぎた。だから、スタンプラリーでいいや、なんて思われてしまったのでしょう。

今、三密を避けている時代なのに、わざわざ、スタンプだけを求めて、どこかに行くでしょうか。

じっくりと、パズル小説を配布し、読者が、自分のペースで「ヒント」を求めて「京都に行こう」と思ってくれる。そんな時代が近づいています。

2020年10月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

アガサ・クリスティに挑戦する

パズル小説®全国展開プロジェクトの「ブログ」に、こんなことを書きました。本ブログにも、転載しておきます。

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。CAMPFIREのCommunityで「パズル小説®全国展開プロジェクト」を推進しています。まだまだ、会員募集中なので、読書やパズル、街おこしなどに興味関心がある方は、チェックしてみてください。

ちょっと、感じていること、書きます。

私は、コンセプトデザインを作り出す仕事をしてきたのですが、たぶん、そのルーツをたどれば、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」の読書体験があると、今さらながら、思った次第。

ネタばれになるといけないので、そのストーリーを語ることはできませんが、最初に読んだときには、キツネにつままれたみたいな気分。一体、何が起きていたのだろうと思い、もう一度、初めから読みました。

何が驚きだったのか。やはり、今まで知っていた「ミステリー小説」のルールを見事に逆手にとって、これまでに成立してこなかった作品を生み出したことです。しかも、そこに「探偵」はいませんでした。

アガサ・クリスティは、「読者」を探偵の側に置き、「探偵さん、あなたはこの謎を解くことができますか?」と問うていたのです。

正解を知ったときの、驚きもまた、別格でした。「やられた」と思いつつ、だまされたことの気持ちよさもあり、自分のなかで、こりかたまっていた常識のようなものが、ガラガラと崩れていくのがわかりました。

そうか。ミステリー小説は、これでいいんだ。それが、アガサ・クリスティが教えてくれたことでした。探偵ホームズね怪盗ルパンも大好きでしたが、彼女の作品には、作家魂を刺激するコンセプトがあったのです。

ところが、ここに、中学生だった私の大いなる誤算があった。自分がミステリー小説を書くときには、少なくとも、世の中で一度も取り上げられていないアイデアの、画期的な作品にしなければいけない、と思ってしまったのです。

しかも若かったので、心の深くに、刻み込んでいました。

10代、20代と、ある意味では「アガサ・クリスティを超えるアイデア」の方向にチャレンジし、とうとう「自分にはできない」と、ちょっぴりあきらめて、実社会にでていったのが、29歳のときでした。

もし、「そして誰もいなくなった」を超えようと思わなかったら、別の作品を生み出して、文壇の端っこに拾われていたかもしれません。

チャンスは、何度かありました。

22歳のとき、ある女流作家さんと知り合ったときと、シナリオライターさんと知り合ったときも、弟子になって数年勉強すれば少なくともデビューはできたと思います。さらに進んで、25歳のときにも、弟子入りのチャンスがありました。

このころになると、文芸誌が募集するなんとか賞の一次予選は通過するようになっていました。ちなみに、当時のことですが、これは自慢することではなく、ふつうの文章が書ければ通過します。二次予選が難しく、一度も通過しませんでした。

大先生のところに通い、アルバイトとして企画と下書きの仕事を受ければ、数年後には、何とか作品を世に出すことができたと思います。

せっかく、誘っていただいたのに、「この世界に、誰も書かなかった小説を編み出す」ということにこだわった結果、飛び込んでいくことができず(もっとも、10代20代は生意気だったので、誘ってくれた作家より自分のほうが才能があると思い込んだ馬鹿者でしたが)。

ここで、みなさんが感じてくれていることがあるかもしれません。

私が、本プロジェクトで、パズル小説®の見本として世に問うミステリー風小説®が、なぜ、アガサ・クリスティのパロディの形をとっているのか。「そして誰も死ななかった」などという、面白味のないタイトルを、後生大事に守っているのか。

そうなんです。この作品は、あの不朽の名作を、アイデアレベルで、超えていこうとしています。それが、私の目時なのです。

一人では、とても太刀打ちできそうにない、この作品。でも、20人のみなさんが支えてくれれば、心が折れることなく、成し遂げられるかもしれません。

世界初は、もう決まっています。謎解きクロス®を使ったパズル小説®なんて、廣川州伸以外は、生み出せないからです。ただ、あの「そして誰もいなくなった」を超えるアイデアが、ちゃんと編み込まれているのか、そこが重要となっています。

これも、ネタばれになるから告知はできませんが、ヒントがない段階で、正解にたどりつく人は、1万人に一人。本にでているヒントで正解するのが5%。地域活性のために支援してくれているみなさんの指定する地域に配布される「ヒント」を使えば、半分の方が解けます。

1年後、2021年10月、電子出版で刊行となる「長編ミステリー風パズル小説®そして誰も死ななかった」は、そいうい作品になるのです。

仕掛けだけは、すでに出来上がっています。自分が読者だったら、度肝を抜かれる「完璧なアイデア」です。

本日の雄たけびは、ここまでとさせてください。

2020年10月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

輝く20名のサポーター

パズル小説®全国展開プロジェクトを立ち上げた私は、「街おこし・読書・パズル」に興味関心をもっていると思われる友人・知人にお願いし、月額1200円を支払うCommunityの会員になっていただきました。

7月は無料でしたが、8月にはクレジット決済が始まり、10月末から、手数料をひいた、だいたいおひとり1000円ずつ、入金していただきます。それを原資として、私は原稿執筆の取材を進めます。

20名のみなさんには、来年に発刊する予定の新作の執筆を支えていただくとともに「最初の読者」になっていただく「リターン」を考えています。

このパズル小説®全国展開プロジェクトは「100名」のサポーターを上限としていました。そこで、1週間ほど前から「2次募集」として「ローカル線を支援するパズル小説®」を新たなリターンに設定し、募集を開始したのです。

しかし、ちょこっとネットにアップしたくらいでは、何の反応もありません。ということは、もう、第二次募集をしないで、このまま、粛々と来年の準備をしていったほうがいいのでは、と思うようになりました。

結論は、今月いっぱい、待ちます。でも、そうなる可能性が高くなりました。そして私は今、改めて「20名のサポーターのみなさんのありがたさ」を感じています。

翻って、私がもし、誰かから「月額1200円の会費で入会するかと問われれで」と、ここまで書いて、グ問だと気づきました。だって、1200円という月額を設定するときに、さんざん考えたことだったからです。

私だったら、入会します。

そうですね。時代が、パズル小説®に気付くまで、もうしばらく時間がかかるのかもしれません。

2020年9月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ローカル線を支援したい!

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

本メールは、CAMPFIREのCommunityを使って、「読書」と「パズル」が大好きなみなさんに、おとどけしています。

というアプローチをしてみました。第二次募集、大変ですけれど、チャレンジしてみましょう。

第二次募集は、第一次募集のときに、入会できなかったみなさんに「まだまだ大募集」として入会していただきます。今回は二次募集にあたり、そのミッションは「全国のローカル線を応援する」としました。

あなたが今、全国にあるローカル線の一つを活用して、自分の地域を元気にしたい、少しでも貢献したいと思っているとしましょう。ぜひ、このCommunityに参加して、自分の住んでいる地域の近くにあるローカル線を、応援してください。

日本のローカル鉄道に、あなたの地域に、もっと光を当てましょう。Communityのリターンとなるパズル小説®は、ローカル線の魅力を語るチラシの原稿に活用できる、オリジナルの原稿になっています。

さらに「チラシを作ってローカル線の〇〇に贈呈したい」と申し出てくれた方には、さらに追加で、ローカル線の名前が入ったパズル小説®のオリジナルf原稿をお送りします。それをベースに、あなたご自身で、ローカル線の支援にお役立てください。

第二次募集は、いつでも受け付けていますが、私がちゃんとリターンを配信できるのがあと80名までで追加はありませんので、お許しください。

入会登録、お待ちしています。

2020年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

もっと光を

昨夜、ブログに「営業妨害」について書きました。そして、ひと眠りしている間に「あ、書かなければよかった」「相手にしなきゃよかった」ことに気づきました。FBにも「ブログにUp」と書いての出、これは「削除」しました。

いずに、ご覧いただいたFさん。せっかく「いいね」をつけていただいたのに、削除しちゃって、こせめんなさい。

というのも、私は、自分の責務を思ったからです。作家とジャーナリストは違います。私の定義では。ジャーナリストは、社会の暗部をえぐり出したら、それをきっちりと、社会に知らしめる役割があります。

でも、作家は、そこでとどまってはなりません。たとえ「どん底」にあっても、「光」を注がなければ、ものづくりをする意味がありません。光にならないようなら、書くべきではないのです。

私の書いた文章で、元気になっていただけなければ、それは、書く時期がまだ来ていないから。光になるからこそ、書いて、世に問うのです。その意味で、私は、自分がみつけた「光」を書きましょう。

29歳のとき、私は休学期間を含めれば9年間もお世話になりました都立大学の卒業論文に「小説」を提出しました。400時詰め原稿用紙で500枚の力作ですが、指導教官から「終わりに光がない。これを書き直してほしい」と指導されました。

これでは、卒業させられない。暗い場所におちていくだけでは、救いがない。たとえ、そこがどん底であっても、光をみつけられないなら、作家になる□はない。そういうことを、教えていただきました。

そのときは、よく意味がわからなかった。どうして、指導教官は、そんなに偉そうに、指摘するのか。崩壊したところに、光がないんら、それを書いた。光でみちていたら、書かなくてよかった、と思っていました。

しかし、大バカ者でした。50歳で週末作家になった私は、20年前にもらった「光を描きなさい」という言葉の意味が、ようやく、わかったのでしょう。そのためには、20年間に落ちたどん底経験も、あったかもしれません。

私は、光を書きます。

パズル小説では、必ず、光をみつけて、書きます。読んでくれた人たちが「ひょっとしたら、こうすればいいのか」と、世界のすばらしさを再認識できるような、わかりやすい光を書きます。

だから、安心して、読んでいただける。エンタテイメントの要素を存分に入れて、新型コロナ禍で沈んでいる社会に、新しい光を注ぐような作品を書きます。お楽しみに。

2020年9月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster