どこへ行きますか?

それが、本当の意味では、わかっていません。前例がないからです。歴史から、学ぶべきだとはわかっていても、明確なこと絵がないというのが、歴史の報せるところだから。

新しいことを自分で進めるというのは、本当に、しんどいことです。誰かが敷いてくれたレールにのり、守破離でまずは「学ぶこと」をしていた10代。それをもとに、何か新しいことを始められると信じていた20代。

とうとう自分の道を発見することができないまま、もう少し社会を、時代を研究しなくてはとビジネスの世界にとびこんだ30代。まずはビジネス書を書くことで、出版の世界への門を探した40代。

ビジネス書ではなく、文化的なテーマで、感性に訴える文芸書に近づいた50代。そして60代は、誰も手を出したことのなかった謎解きクロス®というパズルを発明し、それを使ってパズル小説®をスタートしました。

それぞれ、10年間ではなく、5年間で次の段階に進んでいたら、私はまだ40代で、元気いっぱい、パズル小説®を量産したことでしょう。しかし、もう、60代となっていました。

GWに、昔と同じように、ほぼ徹夜状態でパズル小説を捜索していたら、11週間でダウン。39度の熱がでて、頭にぽっかり、穴が開きました。それをリセットするのに、また1週間かかるのかもしれません。

これが、年を取るということなんですね。まいりました。

それでも、気が付けば、江戸川乱歩の小説をパズル小説®化できていました。まだまだ、捨てたものではありません。

私が、世の中にでるのに、他の作家よりも2倍の時間がかかったのは、市井の人間として、しっかり生活してきたから。家族もいて、子どもも育て、仕事でも、それなりに成功しました。

ただ、ものづくりに専念できたわけではなかったのです。

私の人生は、そういうものなんだと理解し、人の2倍、かかっても、必ず「世の中になかった新しい世界」を一つ、つくる。それを実現したいと思ってきました。

パズル小説®は、読者が全国でも1万人しかいないクオリティなのかもしれません。それは、私にも、よくわかりません。

未来は、秘密。

おわってみないと、結果が定まらないのです。ですから、たとえ回り道でも、進み続けるしかありません。

パズル小説®の可能性を信じて、このまま、いきましょう。いつか、ブレイクする日がくることを信じて。

2021年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

それでも走り続ける理由

GWは新しいパズル小説®を、ひとつ、つくります。江戸川乱歩著の「少年探偵団」です。ほぼ60年ぶりに読み、パズル小説®化の検討を始めました。

今回は謎解きクロス®7×7だけではなく、9×89にもチャレンジしたいと思っています。

それが、できるのか、どうか。

これから検討に入ります。できる見通しが立ったら、また、ここでお知らせします。たぶん、3日間くらいカンヅメになれば、できるか否かがわかるはず。

しばし、お待ちください。

あ、「それでも走りつづける理由」を書き忘れました。だって死んでもいいくらいに好きだから、これにつきます。その点は、他の作家さんと同じだと思います。

2021年5月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster