パズル小説、誕生!

2019年1月30日。黄昏散歩中に、ひらめきました。謎解きクロスを使った小説を「パズル小説」と命名しました。ネットでは、わらー小説の旗手・山田悠介さんの「パズル」という小説がでてきますが、ズバリ、「パズル小説」というジャンルは、謎解きクロスの誕生があって初めて開かれた、新ジャンルになるようです。

だったら、商標登録をすればいい? いえ、これはしません。謎解きクロスで、十分です。今、公表しましたので、誰かがお金儲けのために商標をおさえようとしても、特許庁の審査官が、本サイトを見逃すことはありません。

謎解きクロスでは、何度も特許申請を勧められましたし、謎解きカフェでは、「商標をとらなくても、大丈夫。もう、廣川さんが十分公表しているから」と、いろいろ教えていただきました。

パズル小説。スパイ小説でも、暗号小説でもありません。謎解きクロスというパズルは、必然的に、文章が問題になりますから、パズル小説となっていたのです。


2019年1月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

伊豆下田ミステリーウォーク、完成間近

謎解きクロスのスタンダード。16ページからーA5版。2000部納品で、15万円で卸します。地域の名産を景品としていただき、企画打ち合わせに一回、呼んでいただければ、完成いたします。

あれ?

なんだか、ブログの記入の仕方、わかってきたようです。ほんと、アナログ人間には、日々、発見なんですね。ためしに、ビジュアルも入れてみましょう。

2月19日、松本に伺います!

なんだか、いけそうです。でも、ツイッターではないですが、あまり長くならないように気を付けます。本日は、これまで。

2019年1月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

虚構のチカラ

少し、新しい設定になれました。引き続き、ブログをつづけましょう。

映像にキャプションが入れられます

やっぱり、途中でフレームから消えて、書けなくなります。また、言葉の変換が遅くなり、いちいちプレビューしなければ進めないところが、とても面倒です。しかも、つくったブロックの順序が逆になります。ということは、フレームから消えない4行分で、止めたほうがいいということになります。

これから、短いブログにしましょうということなんですね。了解しましょう。ワードエクスプレスでは、2000文字の長いブログを推奨していて、なるべく長いブログを心がけてきましたが、新機能が追加され、複雑になったタイミングで、(すでにフレームから外れているので、みえません。いちいちプレビューが必要なようです)

虚構が、世界を支配している。人類の未来は、3つの虚構のチカラで決まると、新進気鋭の歴史学者。その虚構とは「宗教・哲学」「社会・国家」「貨幣・経済」となりますが、おそらく「愛情・平和」も「時間・空間」も、虚構となります。

2019年1月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

パーティー用の謎解きクロス誕生

みなさん、こんにちは。

ワードプレスのバージョンアップで、わかったことが少しあります。今まで、知らなかったのですがSEO対策ができるようです。ただ、それをするには2万円くらいのアプリを購入する必要があるようです。そこまでで、とりあえず、深いりしませんでした。

また、いろいろな機能をチェックしてみたのですが、アクセス解析も、いままでしたことなかったのですが、ジャストシステムさんのアプリを使うとできるようです。みなさん、こうして、せっせと自分のつくったサイトが、インターネットの大海で、誰も知らないブルーオーシャンになっていることを、防ごうとしているのですね。

でも、こと謎解きクロスに限っては、ブルーオーシャンのままでいいかと考えています。だって、クロスワードパズルが好きで、ミステリーが好きで、謎解きが好きな人で、言葉のジグゾーパズルにも、ついていける人。老若男女は問いませんが、好奇心のある人。たぶん、100人に10人くらいのみなさんが、母集団。そのうち、5%くらいのみなさんが大ファンになって、謎解きクロスを利用してくれると、理想的です。

up@t<bbw@i(4l)h tdqmd@ t@<no;uhuljr >dtm{jq@jq@md@r4 t@rhue }とのコメントがでてくるのに。前のバージョンには、こんなことはありませんでした。ここで、ブログを終了します。誤字脱字、ごめんなさい。何も、観えていません。

2019年1月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

バージョンアップしたら、使えなくなりました

セキュリティ上、バージョンアップはしたほうがいいという地域のもとで、一生懸命ダウンロードして再起動までしたのに、新しいワードのHP作成ツール、今までと全然違って、まったく、わけがわかりません。持続性がなく、保存もできません。「ブロックを選択」とあるのですが、そのブロックをどこで選択するのか、にわかにはわからないのです。これって、AIなどで゛自動的に「攻撃」されないように、わざと、わからなくしているのかな。

セキュリティ上、バージョンアップはしたほうがいいという地域のもとで、一生懸命ダウンロードして再起動までしたのに、新しいワードのHP作成ツール、今までと全然違って、まったく、わけがわかりません。持続性がなく、保存もできません。「ブロックを選択」とあるのですが、そのブロックをどこで選択するのか、にわかにはわからないのです。これって、AIなどで゛自動的に「攻撃」されないように、わざと、わからなくしているのかな。

なんかしらないけれど、開業したら自動的にコピペして、同じ文章がでてきます。困った。時間のあるときに、ヘルプをゆっくり、チェックしないとだめのようです。

目で見て、感覚的に理解できないと、困るのですが。最初に「旧バージョンがいい人は、

? なに? いきなり、ここに。なに? メタディスクリブション設定をしろというのですが、文章を書いているときに、こんなこといわれても、なに? どこかで間違えました? 私が悪いのね。あ、また。文字が消えています

わけがわからないから、謎のまま、押せるボタンが「航海」しかないので、後悔しないように覚悟をきめて、後悔してみます。

ここをクリック」なんてボタンが出た時に

2019年1月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

くりかえす歴史のなかで

いつも、いつも同じことをしている気がします。

1月2日は、書き初めと決めていて、いつも何か書いてきました。それだけではありません。なぜか廣川家では、1月2日の夜には牛肉のすき焼きと決まっていたのです。

もう50年も、その習慣に従ってきました。365日、魚を食べている私は、朝昼兼用で鯛めしを食したあと、とてもいい牛肉を1200グラム、家族四人で分けました。

「松阪牛な5万円だ」「銀座で食べたら、この肉でも10万円だな」などといいながら、がつがつ、食べます。最初の400グラムは、みんなさくっと食べました。次の400グラムも、いい感じでなくなったのですが、そこで長女が「肉づかれ」して、リタイア。いわく「だって、いつも魚ばかり食べているから」と。

最終的には、無事に1200キロの国産上牛肉がなくなり、私は夜の散歩に出ます。この夜歩く習慣も、廣川家の伝統なんですが、誰もついてきません。私は一人で、だいたい2時間ほど、夜の街をさまよいます。お酒を飲むわけでもなく、ただ、ふらりふらりと歩いていくのです。

地方都市に行くと、夜、飲んだあとで2時間ほど歩きます。これはお酒を飲めなかった15歳のころから続いている習慣。廣川家の伝統なのかは、ちょっとわかりません。私だけ、夜歩く習慣が身に付いてのかもしれないなぁ。

そして、書き初め。2日の夜から3日の朝まで、書き続けるようになったのは、いつ?

きっと、寝たくないのでしょう。昔は「だって、明日死ぬかもしれないのに、寝ているわけにはいかない」となるのですが、眠ることが、いったん死ぬことであり、少なくとも、死ぬ日のための予行演習なのだと気づいてからは、寝ることを楽しめるようになりました。

さあ、書きましょう。

今年は、謎解きクロスがブレイクするので、今から流行作家の練習をしているのでしょうか。いえいえ、練習だけなら、15歳から続けてきました。

いい小説が、この日は、かける気がするのも、いつもと同じです。くりかえしているうちに、本当の小説が書けるようになるといいのですが。

これから、また、書き続けます。

異質の時代

今年は、イノベーションのジレンマに陥った「常識的な人々」が沈み始め、まだクオリティはなくとも独創的で異質な、いわゆる「超常識の人々」が台頭してきます。

それは、静かに置きますので、気づく人は少ないかもしれません。だから、新年にあたり、あえて書かせていただきます。

謎解きクロスは、5年前にスタートし、少しずつ浸透して、ようやく渋谷謎解き街歩きというメジャーな場に登場しました。

これは超常識的なペンシルパズル。今年は、その真の姿が、みなさまの前に広がることでしょう。

本年も、よろしくお願いいたします。

□2019年新年に想う「異質であること」

 

数年前から、世界は激動の時代に入っています。そこで求められているのは、異質な事を排除しない社会ではないでしょうか。

変化の時代には『異質であること』が、重要な意味を持ってきます。

これは本質的な変化なので、あらゆる場面で『異質であること』を掘り下げておく必要があります。原型をつくり、それを複製して配布する世界は終わっているのです。

あらゆる場面で、均質であることより異質であることに注意を払う……具体的には、どうすればいいのでしょう。私は、シンプルに考えています。人との出逢いに限らず、あらゆる場面で『一期一会』を感じれば、自然に異質であることに目が行きます。

 

人との出逢いだけではなく、自然でも出来事でも、もっというと2019年の元旦も、一期一会に他なりません。たとえば青い空に浮かぶ白い雲は、古今東西、決して同じ形がありませんから、間違いなく一期一会。

生きることは、新しい出来事に出逢うこと。目の前にあるのは昨日と同じ出来事ではありません。均質に見えて、それは異質。だったら最初から、みんなと同じように考え同じ行動をとるより、自分で感じ考え、納得のいく道を歩いていく人生がいい。

そうやって世界を眺めてみると、実は均質なものなど、世界には一つもないことがわかります。同じものなど、もともと『一つもなかった』のです。同じように見えたのは『デジタル化』した『サイバー空間』では、いくらでも均質なものができるという、特殊な事情によったのです。

 

2019年は、均質を求めてはいけません。異質なものに目を向けることで、大量に作られた『均質=高品質』という幻想を打ち破ることができるのです。人材も同じこと。これまで人と違うという理由で弾かれていた個性が、改めて注目されることになります。

ビジネスでも異質な人が異質なコトを発見し、イノベーションを起こします。異質であることが大きな価値を生む時代は、すぐそこまできています。

 

ご多幸、心より祈念いたします。本年も、よろしくお願い申し上げます。

 

2019年元旦

 

合資会社コンセプトデザイン研究所代表 廣川州伸

 

2019年1月1日 | カテゴリー : 現在進行中 | 投稿者 : wpmaster

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

ふと、気づいたことがあります。19歳の私は、未来の自分が何をしているのか、知りませんでした。何になりたいかは知っていても、それが実現しているか、まったく見えていませんでした。

 

19歳の私は今、時を飛び超え、45年も先の未来に来ています。これは、どういうことでしょうか。何だかそこに、とてつもない重要な真実があるに違いない。

すなわち63歳の私は、19歳の私が何に悩んでして、どんな希望をつかもうとしていたのか、今でも手に取るようにわかっている。うっかりすると、眠りについたとき、夢の中で19歳の自分を生き直していることがあるからです。

63歳の私がみる夢の中で、私は未来を知っています。しかし過去の出来事としては、すでに終わったこととして、事件を想い出すことになるのです。それに気づいた私は、ようやく『作家たちが何をして創作活動をしてきたか』を理解したのです。

 

遅すぎた、自覚。でも、まだ間に合うはずです。

もっと早くつかんでいたら、きっといい小説が書けたに違いありません。私は、少なくとも自分の人生については、何が起きたか、そしてどんなことを感じ、何を恐れていたか、すべて想い出すことができるのです。

2018~19年の間に、気づきました。今ならきっと、私も小説を書くかとができる。なぜなら、世界の仕組みを理解したから。

 

2019年は、遅れてきた週末作家が、いよいよ本物の作家になる年。謎解きクロスを生み出した私は、誰も知らなかった世界に踏み込み、誰もみたことがなかったミステリー小説を生み出すことでしょう。

みなさま、これからも変わらぬご支援、よろしくお願いいたします。

 

2019年元旦   謎解きクロス創設者 廣川州伸