ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

日本初の長編パズル小説®スタート

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

7月から、クラウドファウンディングのCAMPFIREにあるCommunityを立ち上げ、現在、20名のサポーターとともに、来年秋に公開予定の長編ミステリー風パズル小説®の制作に入りました。

このパズル小説®には、サポーターのみなさん20名の「名字」がでてきます。登場人物は、ほぼ20名なので、全員が、何らかの役割を果たす、長編ミステリーとなる予定。

すでに、物語はスタートしています。プロローグで、謎がいくつか、提示されました。その謎をめぐって、毎月、サポーターのみなさんには「連載」の形で、配信していきます。

そして12回分が完成すると、それを本にして、電子出版で販売します。これは、クラウドファウンディング機能を使って販売される本になりますので、一般のみなさんは、入手できません。

一次の配布で、一冊5000円で1000名限定の配布となります。直接、私が「リターン」として、みなさんの住所に、これまでのパズル小説の見本セットとともに、送らせていただきます。

限定20名のみなさんには、一人5万円で、「あなただけのために、登場人物の名前を、あなたの名前の記念版とし、10冊を特別に制作して、送ります。

この活動が、し意の儀ずると読書が好きなみなさんに認知されたら、いよいよ、全国ローカル線を支援する「日本パズル小説®大賞」の公募に入ります。

謎解きクロス®の可能性は、まだまだ、未知数ですが、私と、今読んでくれたみなさんだけが、予定されている未来を知っていることになります。

わくわくしませんか?

2020年9月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

信州上田で、ニューバージョンを企画

日本初のパズル小説®作家にの廣川州伸です。この週末は、コロナ対策が定着した秋に予定されている、静かな地域活性イベントの企画をしています。

コロナ禍を経て、社会構造が変わりつつあります。三密のイベントは、コロナ対策をしていてもリスクが高いので、根本的な考え方を変えなければなりません。

そこに、私はパズル小説®の活用をお願いすることに。ミステリーウォークには「みんなで楽しむことで地域を元気にする」効果を期待していましたが、それだけではなく、静かに活性化する方法もあるはずと、考えているのです。

そのため、これは上田市商工会議所の地域プロデューサー唐澤課長からのご指摘でもありますが、一日に集中せず、基幹を延ばす作戦を立てています。

これは下仁田町で経験済ですが、道の駅にある観光案内所に、1ヶ月間、パズル小説®を置いていただいたのですが、「爆発」はしなかったけれども「え? これって、このままもらえるんですか?」と、おそるおそる聞いてくる観光客がたくさんいたそうです。

事務局さんからは「ただ、置いておいただけなのですが、毎日、少しずつ、確実に減っていきました」

ただ、反省点としては、「もう少し、やさしくすること」であり。しかも「本格的なパズル、謎解きを求めている人のニーズもみたす」ことです。

そこで、パンフレットを活かすことにしました。パンフは、商店街に置いてあります。それをみると、ほとんど誰でも、少なくとも5割は正解にたどりつく。できれば8割に高めて置き。応募を2割にもっていきたいと思っています。

具体的な企画は、これからなのですがね一つ、重要なことがわかりました。

このパターンは、全国展開できるということです。地域の商工会議所、商工会、ないし観光協会、市町村など、パブリックな配布場所をもっている団体とコラボします。

また、宣の協力も必要なので、ローカル線にも協力していただきます。鉄道の駅に、パンフを置いていただくだけで、効果があることも、上田市や下田市で証明済です。

その上で、商店街のみなさんにも、静かに、それぞれ自分のできる範囲で、参加していただきます。たとえば、商店街専門の「ヒント」を、お店に置いてもらいます。張り出してもいいです。そして、それを読めば100%、解答がわかるようにしておきます。

問題は、難しいのに、パンフレットを入手すれば半分が解けて、商店街に行けば、残りの半分も、たとえば「3択」までしぼりこめるなど、最終ヒントが入手できます。

謎解きクロス®は、解答の候補がわかっていると、それをあてはめると、「デキタ!」となるのです。

私は、信州上田で、この秋に成功してもらい、そのパターンも、全国展開していきたいと思っています。

ご期待ください。

2020年8月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

Communityにご参加ください

※本メッセージは、読書とパズルを愛するみなさんに向けたものです。

おはようございます。2020年8月18日の朝です。私は、日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。今、クラウドファウンディングのCAMPFIREにて、パズル小説®の全国展開プロジェクトのオーナーをしています。

なるべく多くのみなさんにCommunityを支援していただき、1年後に、日本初の長編ミステリー風パズル小説®「そして誰も死ななかった」の発刊を目指しています。

パズル小説®って何? と、初めて目にする方は、「謎解きクロス」のサイトをごランください。

さて、読書とパズルを愛するみなさん、Communityにぜひ、ご参加ください。そのベネフィットは、多々ありますが、私が今、強調しておきたいのは、「歴史を目撃する」ことにつきます。

Communityには、すでに20名の支援者を得ています。そのみなさんは、いずれも私の大切な友人であり、これから「リターン」として配布されるパズル小説®の制作に直接的、間接的にかかわっていただくことになります。

直接的というのは、支援者のみなさんが日本初の長編ミステリー風パズル小説®「そして誰も死ななかった」の 登場人物の「名前」として刻まれることになるからです。

間接的というのは、月額1200円を支払っていただくことが、パズル小説®の普及を間違いなく進めることになるからです。

1200円という設定は、月に一冊、本を買ったと思って支援していただこう、という気持ちがあったからです。もちろん、毎月、一冊の本を購入する以上の経験価値をご提供する自信があるから、スタートしたプロジェクトです。

私が提供するリターンは、パズル小説®の短編でしかありませんが、なるべくカスタマイズして、世界に一冊しかないリターンにしたいと思っています。

20名のサポーターのみなさんのチカラを借りて、私は、2020年8月のリターンから2021年7月のリターンまで、12回の短編小説を創作します。

その12編を集めると、日本初の長編ミステリー風パズル小説®「そして誰も死ななかった」 が出来上がります。

そして、現在の支援者のみなさん以外の支援者のみなさんには、この「新しいパズル小説®が生まれていくプロセス」を、目撃していただきたいと思っています。

私が、つつみかくさずに提示するコメントは、きっと面白いはず。パズル小説®が市民権を得ていくプロセス、これから始まる歴史を、ぜひ、目撃してください。

パズル小説®全国展開プロジェクトのCommunity会員、限定100名で締め切りとなりますが、まだまだ募集中です。

読書とパズルと、ふるさとの街並みを愛するみなさん、ご支援、よろしくお願いいたします。

2020年8月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

大切なサポーターに届けたい

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。

最近、CAMPFIREのCommunityを多と上げ、現在20名の支援者を得て、ビッグリターンでの恩返しに向けて稼働中。

なので、そのサポターのみなさんに、パズル小説®の今後の展開をお知らせしているので、ついつい、このブログを忘れがちになります。

決して、忘れているわけではありませんが、気づいたら、1週間たつていたり。すみません。体制づくりをして、また、このブログも進めます。

しばし、お待ちください

2020年8月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

読書とパズルは、ネクラなの?

日本初のパズル小説®作家の廣川州伸です。これから1年間、CAMPFIREのCommunityで「パズル小説®全国展開プロジェクト」の有料会員(サポーター)を、限定100名で募集しています。

まだ、十分間に合いますので、ぜひ「読書」と「パズル」と「街おこし」に興味関心のある方、支援をお願いします。

ところで、コロナ禍の自粛で、私自身は「いつもと、そんなに変わらない日常」を過ごしていますが、そこで、はたと考えてしまったのです。

街おこしや地域活性化は、外に向かう大きなエネルギーが必要なので、うちにこもるチカラは必要ありません。しかし、自粛して家に閉じこもり、せいぜいリモートのコミュニケーションで、自分のことを進める「内向きのチカラ」が、それなりに必要になるようです。

作家の村上龍さんは「13歳のハローワーク」で「その仕事を12時間もやり続けて、少しも苦にならなければ、それが自分にとっての天職」というようなことを書いていました。

私も、もともと読書もパズルも大好きで、今は読み手から書き手になっていますが、いずれにせよ、12時間、ずっと続けていても幸福度が増すことはあっても、下がることはありません。

かつて「目がつぶれるほど本が読みたい」というような、文庫本のキャッチコピーがありましたが、老眼となった今では、私も目がみえなくなるまで、ひたすら読書をして、ものを書いて、パズルを解いて、パズル小説®を書いています。それでも苦にならないのは、やっぱり大好きな仕事だから。

ということで、謎解きクロス®を発見した私は、パズル小説®をつくっている時間が、いとおしくてなりません。そのためにも、パズル小説®全国展開プロジェクトを成功させ、自分の仕事をつくりたいと思っています。

みなさん、ぜひ、私を活用してください。

車両を借り切って謎解きしました

私は、読書やパズルの時間が大好きなネクラのオタクですが、それでも、この仕事が、まちづくりに必ず活かせると信じているのです。

そして、いい仲間と出逢えたことで、このプロジェクトの大成功がみえてきました。20名の支援者のみなさんに感謝しつつね1年後の長編パズル小説®の構想を練っています。

2020年8月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster