ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

それは今、です

まだまだ、コロナ禍は収まりません。世界中で、ようやくワクチン接種で収集の見通しがたってきているのに、相対的に感染者数の少ない日本では、打つ手がありません。

その理由は、1年前が、NHKとテレ朝の報道によって、知っていました。要するに、厚生労働省の人員体制が整わないので、「PCR検査」の「抗体検査」も、1日2万件以上はしない。できれば週中して、1日1万件におさえたい。

それでも感染が押さえられるには、クラスターを出さないようにするしかない。だから、マスコミも、ネットも「PCR検査は不正確」「感染者公表は人権侵害」「新型コロナは、ただの風邪」「インフルエンザのほうが怖う」などの、デマを流しました。最近では「ワクチンは無意味」というデマも、自称「医者」や「感染症の専門家」や「元厚生労働省職員」などが流しています。

これがデマであることは明確で「まだ、新型コロナ禍の正体がわかっていないのに、「たいしたことない」ということを前提に、自分の主張を押し通している点。

ところが、1年もたつと、何が起きているのか、ようやくわかってきました。要するに、厚生労働省が、人手不足で、過去10年間、感染症対策について進化させてなかった、準備を怠っていた、ために、「なるべく仕事をしないで、静かにしていれば、いずれ嵐はおさまる」という考えのもとで、過ごしてきたからです。

それでも、保健所からの連絡がファックスであったり、検査をするための人員が不足していたりと、少しずつ「まさか」という実態が秋欄になりました。そのあげく、緊急事態宣言を「悪政」と批判し、自粛を馬鹿にし、医者を貶め、国民はバカだから国に従っているけれど、俺たちはエリートだから、送別会はちゃんとしようね、という感覚で、夜中まで飲んでしまったようです。

こんな事態が親来ているので、新型コロナ禍は、当分収まりません。それゆえ、やりたいことをやる、新型コロナ禍でも、できることをする、というのは、「やるなら今」ということになります。

このブログ、ちょっとヤバイので、そっとアップしておきます。

2021年4月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

約 5,390,000 件 (0.30 秒)

久しぶりに、「謎解きクロス」をググってみました。539万人。おそらく、年内には1000万件を突破するでしょう。ありがたいことです。

コロナ禍で、自宅でも楽しめるパズルの需要は高まっています。その関係で、謎解きクロス®も、光をあびつつあります。

あとは、影響力のある人のファンが、増えるか、増えないか。東急沿線でミステリーウォークをしたときな「廣川さん、早く有名になろうよ。絶対、これ、楽しいから。全国で通用するから」と励ましてくれた方がいました。

最初のコアなファンの姉妹。

また、西小山ミステリーツアーの時代から、深谷のイベントに来てくれたり、渋谷の「のんびり散歩」に参加してくれたり。その都度「有名になってね」という声をいただきました。裏を返すと「なんで、これを有名にできないの?」と、叱られていることなんですが。

時間はかかっていますが、2008年秋に伊豆下田でミステリーツアーを進めた時、2009年に西小山でミステリーツアーを始めたときから、少しずつ発展し、今日に至っています。

コロナ禍を超えて、謎解きクロス®とパズル小説®を全国に展開します。

2021年3月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ミステリー鈍行鉄人事件

鉄道ファンの鉄っちゃんにも、乗り鉄、飲み鉄、撮り鉄など、いろいろなタイプがおられますが、私の場合は、少なくとも飲み鉄で、旅鉄で、しかも各駅停車が好きという、乗り鉄でもあります。

そんな私が、今年の秋からCAMPFIREのCommunityで、1年間で制作したいと思っている作品のタイトルが、アリエント鈍行鉄人事件からミステリー鈍行鉄人事件に変わりました。

ミステリー列車であり、しかも鈍行であるという設定は、いかにもパズル小説®という感じで、気に入っています。

作家にも、いろいろなタイプがあるのでしょうが、私の場合はコンセプト主導型。コンセプトができるということは、タイトルが決まるということになります。

ミステリー鈍行って、何?

鉄人事件って、何?

そのあたりを、これから毎晩、考える人生が始まります。私の場合は、考えている時間が一番楽しい。

2021年3月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

三層構造かもしれない

2021年3月11日の朝を迎えました。東日本大震災で亡くなられたみなさんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

いつも、不真面目というわけではないのですが、思いついたことは、なるべく形にして、デザインして、口にだそうと思っています。謎解きクロス®も、パズル小説®も、そのような生活から生まれました。

CAMPFIREのCommunityで長編ミステリー風パズル小説®「そして誰も死ななかった」の連載を始めたのも、想いが届いて17名のサポーターのみなさんが作品の完成を待ってくださっていることが、さらなる妄想を生みました。

CAMPFIREのCommunityの第二弾として「ミステリー鈍行鉄人事件」をつくろうと思っています。このタイトルはアガサ・クリスティ不朽の名作「オリエント急行祭神事件」のフレームを借りて行われます。

ついさっきまでタイトルは「アリエント鈍行鉄人事件」でしたが、無理にオリエントを模すことはないと思ったとたんに「ミステリー鈍行」でいいのだとわかりました。妄想が、コンセプトをうんだことになります。

この「妄想」が「暴走」していき、「独創」につながる。それがコンセプトデザインを生むことになります。

妄想・暴走・独創。

たとえば今、「パズル小説®ライブラリィ」を考えています。つい先日まで、それは妄想でした。それが、どんどん暴走し、すでに「過去のパズル小説®セット」を生み出しました。

まだ、この世界で、パズル小説®を書いている作家は、廣川州伸しかいません。一人しかいないのに、゜ライブラリィむとは、妄想に他なりません。でも、妄想が、どんどん現実になっていきます。

まず、「過去の産品セット」を30セット作成しました。これをパズル小説®ライブラリィに加えたいと思っています。次に、2021年4月から毎月、12ページのパズル小説®を500部限定で制作しようと思っています。

これは短編ミステリー小説になるのですが、3冊まとまったら「3冊セットで1200円」で販売します。パズル小説®ライブラリィに、どんどん追加されることになります。

もちろん、きっと誰も買わない。だって宣伝はしませんので。ただ、ライブラリィが用意され、購入できるようになっている、そのプラットフォームが用意されていることが重要なのです。

長編ミステリー風パズル小説®「そして誰も死ななかった」は、CAMPFIREのクラウドファウンディングで販売となります。そのあたりから話題となり始め、おそらく、著名人が読者になることで、ある日突然、ブレイクします。

妄想が暴走し、独創となった瞬間です。そのときを想定して、私は今、このブログを続けています。

2021年3月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

.パズル小説®ミュージアム

空模様のはっきりしない東京の週末。新型コロナ禍の行方もわからなくなってきたことも、なんだかもやもやがある本日。

でも、ようやく実感しつつあります。ミステリーウォーク、謎解きクロス、そしてパズル小説と、私は廣川州伸の「背化むを、確実に、想像しつつあるということを。

おそらく、中学生のころから作家になりたいと真剣に考え始め、高校生のときには「一つの世界を作りたい」と考えていました。そのために何をしたらいいのか。私のとれた道は、本当に、遠い道でした。

芥川賞や直木賞、文芸賞や群像新人賞などをとることで、自分の世界を構築できると信じていた私は、20代に、たくさんの駄作を書き、いろいろな公募に応じましたが、たぶん20回くらい「落選」した結果、ビジネス人となりました。

ビジネス作家の道を模索し、コンセプトデザインというジャンルを創設し、50歳のとき「週末作家入門」で、遅れてきた作家としてデビュー。夢でもあった講談社から新書を出すことも実現したわけですが、まだ、世界はなかった。

これが廣川州伸の世界だと、誰もが認める作品を、世に出していませんでした。それでパズル小説を創設したときには「これだ」と、震えたものです。

そして今、CAMPFIREのCommunityというプラットフォームを活用させていただきながら、世界の構築に入っています。

先日、一般財団法人地域活性機構の理事会で、「バーチャルミュージアム」の創造というプロジェクトを知りました。そのとき、わかりました。私は、謎解きクロスを通して、パズル小説ミュージアムを作ればいいのだと。

その具体的な内容については、週末に、よく考えてみますが、誰も踏み込んだことのない世界が、そのミュージアムには、展開されているはず。

まさに「廣川州伸ワールド」のミュージアムとなっていることでしょう。

2021年3月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster